三郷、吉川、八潮★外科・胃腸科・肛門科・在宅★胃カメラ、大腸内視鏡検査★下肢静脈瘤、痔の日帰り手術★三郷中央駅★みさと中央クリニック
 

喫煙治療についてquitting smoking

当院では保険を用いての禁煙指導を行っています。

禁煙について
当院では、ニコチン依存症管理料算定施設基準を満たし、禁煙の意志のある患者さんには保険を用いての禁煙治療を行うことができます。保険を用いて禁煙治療をするためには、患者さんが以下の条件を満たす必要があります。

1.ニコチン依存症に係るスクリーニングテスト(TDS)で、ニコチン依存症と診断されたものであること。
2.ブリンクマン指数(=1日の喫煙本数×喫煙年数)が200以上の者であること。
3.直ちに禁煙することを希望している患者であること。
4.「禁煙治療のための標準手順書」に則った禁煙治療について説明を受け、当該治療を受けることを文書により同意している者であること。

現状の喫煙状態を把握し、薬剤を用いて禁煙する必要があるか?を判断するものになります。
適宜ご回答頂くことによって、保険を用いた禁煙指導を行うことができます。
若い方にこそ、是非禁煙を行っていただきたいものです。

禁煙に関する薬物治療
ニコチンガムやパッチ(シール)は現在一般の薬局でも購入可能です。
喫煙の常習性とは、ニコチンが脳内でドーパミンという快楽物質(脳内麻薬)を分泌させるため、喫煙→ドーパミン→気持いというサイクルを学習してしまうために起こります。実際ニコチンそのものは体内において、さほど有害ではありません。煙草の煙にはニコチン以外に多数の化学物質を含みこれがさまざまな有害作用を示します。
そのためガムやパッチでニコチンを摂取させて、「喫煙習慣を絶つ」のがガムやパッチになります。しかし、ニコチンは直接有害ではありませんが、血管を収縮させる作用があり脳血管障害・心筋梗塞などの動脈硬化性疾患、高血圧のある患者さんでは注意が必要です。薬局で購入できるガムやパッチによる禁煙治療は避けたほうがいい場合があります。

近年飲み薬による「禁煙薬」が発売になりました。これは脳内にて、ニコチンが作用する「受容体」に作用し、タバコが恋しくならないよう少量のドーパミンを分泌させることと、喫煙によって急激に摂取されたニコチンが受容体に作用するのを阻害し、喫煙→ドーパミン→気持いというサイクルを起きなくさせます。このように1つの作用点に対し作用と拮抗をするとてもユニークな薬剤です。
ガムやパッチでは服薬を開始した時点で絶対禁煙となるわけですが、この薬剤では服用後しばらく(1週間)は禁煙準備期間となり辞められそうな自信がつくまで喫煙を続けることができます。この間に煙草を吸っても「ハァ~」という気持ちにならず、これなら辞められるかも!と思える期間があり、今までよりも楽に禁煙ができるという訳です。「清水の舞台から飛び降りる禁煙」から、「清水の舞台から階段で下りる禁煙」です。
しかし最初の1週間程度は吐き気が出るようです。これを乗り切れば空気がきれいで、ご飯がおいしい。別世界が待っています。体重コントロールも同時に頑張りましょう!

メーカーのサイト→ファイザー社

禁煙治療は習慣の治療になります。今までの習慣を変えるためには薬剤の服用は12週続ける必要があるとされており、12週まで保険を用いた治療が認められております。12週以降も不安があり薬剤を継続したい場合は保険が認められないため、自費による投薬になります。費用は院長までご相談ください。1日1.5箱喫煙する費用よりも安価です。

 
医療法人社団 高栄会
みさと中央クリニック
〒341-0038
三郷市中央1-4ー13
TEL 048-953-5300
FAX 048-953-5099
 http://www.misatochuoclinic.com みさと中央クリニック